20170329 - 双極性障害からの回復、そして新たな問題

最近は感情がまるで凪いだ海のように穏やかだ。社交の場でテンションが跳ね上がることもなければ、夜中に闇堕ちして鬱イートすることもなくなった。口下手で口数少なめな本来の自分に戻ってしまって、人と打ち解けて仲良くなるのがまた不得手になってしまったけれど、少なくともまわりを振り回して迷惑をかけて、友達を失うことはなくなったように思う。自活はできているし、会社にも通えているので、順調に回復しているように見えるのだけれど、困っていることがある。それは、インプットとアウトプットができなくなったことだ。文章が読めない、書けない(この文章もここまでくるのに1時間かかってる)。他人の発言が理解できないし、問いかけられたときに返答に窮する。あと、思考力があきらかに落ちている。ものごとを深く考えられなくなった。数字の計算もできない。ついでに語彙も減った。物覚えも悪くなったし、物忘れが激しくなった。分析系や企画系の仕事がとにかくできない。簡単にまとめると、頭が極端に悪くなった。ところで今、事業の立ち上げをやっているわけだけれど、パートナーの仕事ぶりについていけなくて、このままではそのうち愛想を尽かされて関係解消ということになりかねない・・・。平日の仕事については、派遣ということもあって求められるレベルにはどうやら達しているようなのだけれど、自分の手がけた仕事の質が低いのは自分がいちばん理解している。これは処方薬の副作用なんだろうか。脳が萎縮して凝り固まってしまったような感覚。このまま「考えられない」人間になっていくのが怖い。どうしたらよいのだろう。